必ず必要?仏壇の魂入れとは?

魂入れ-1

SHARE

Pocket

あまり聞き馴染みのない言葉ですが仏壇には「魂入れ」という儀式が必要。仏壇は購入しただけで終わりではありません。ただ飾るだけではご本尊は単なる飾り物で、それが入ったお仏壇はただの木の箱のままなのです。そんな重要な儀式の魂入れとは一体何か、ここでは仏壇の魂入れの意味・方法について解説をます。

魂入れとは

魂入れは「開眼供養」「開眼法要」「お性根入れ」と呼ばれることもあります。「魂入れ」は読んで字のごとく、故人の霊が仏壇に宿っていただくための魂を入れる儀式です。開眼は、仏像を作る際に最後に目を描き込むことが由来となります。また、性根は「たしかな心」「しっかりした心」などを意味し、仏壇に故人の心を入れるとされています。

いずれも仏壇の中に安置しているご本尊や位牌に魂を入れる儀式とですが、開眼供養は仏壇に対して行うものではなく、仏壇の中に安置されているご本尊や位牌に対して行うものであるということから、仏壇を用意する際は念のため開眼供養の対象を購入しているかどうか確認しておくと良いでしょう。

必ずすべき?しない選択肢はある?

魂入れはあくまで儀式であり、目に見えるものではありません。ご遺族の考えによるかとも思いますが、上記を踏まえると、魂入れを行っていない位牌や仏壇は単なる物となってしまいますので、魂入れは実施する方が良いと思います。

ほとんどの仏教宗派で魂入れを行う慣習があるのですが、浄土真宗だけは魂入れを行いません。浄土真宗は他の宗派と異なり、魂が存在するという考え方がなく、そのため故人が亡くなった後は成仏し、故人の魂自体が存在しないという考え方によるものです。また、魂入れを通じて本尊に仏様が宿るようにすることに対し、恐れ多いとも考えられています。代わりに仏壇の搬入や安置を、仏様をお迎えするおめでたい事とし「御移徙(おわたまし・ごいし)」という慶事の法要を行います。

方法・相場は?

あまり聞き馴染みのない魂入れや開眼供養などですが、ほとんどの仏壇店では仏壇の購入の際に魂入れに関する説明をしてくれます。そのため、魂入れが必要だと知らなかった人でも、魂入れを行わないままになることはほとんどないでしょう。

いつやるのか

新しく仏壇を購入した場合

故人が亡くなってから新しく仏壇や位牌を準備した場合、ご本尊や掛け軸、本位牌、白木位牌(仮の位牌)は新しいお仏壇ではなく、中陰壇(仮りの祭壇)に飾って開眼供養をしてもらいます。そして魂入れの後、お仏壇の中に白木位牌以外を移します開眼供養を終えると白木のお位牌は不要となり、菩提寺へと納められます。四十九日法要までに一式の用意が間に合わず、一周忌などで開眼供養をする場合は新しいお仏壇で魂入れをしてもらいます。

位牌を造り替えた、リフォームした場合

既に家に仏壇があり、新たに故人を納める事になった時、これまで納めていた位牌に加えて新たに位牌を納めることになります。その際にはいったん、魂を抜いて新たに戻すことになります。そのため、魂抜きと魂入れの儀式を両方行う必要があります。

引っ越し(仏壇を移動させる)した場合

実は引っ越しの際や仏壇を移動させた場合も魂入れが必要です。まず旧居で一度魂抜きをし、仏壇に宿っていた仏様やご先祖様に退出いただいきます。魂抜きを終えてから仏壇を新居に移動し、あらためて魂入れを行い、再び仏様やご先祖様の霊が宿るようにします。また、家の中で部屋から部屋に仏壇を移動する場合も同様の考え方となり、移転元の部屋で魂抜きをし、新しい部屋に移動させた後で魂入れを行う必要があります。なお、同じ室内で別の場所に移動させる場合は、魂抜きや魂入れを行う必要はありません。

依頼の方法

魂入れは、菩提寺に依頼するのが一般的です。菩提寺の住職に魂入れを行いたい旨を伝えて僧侶の都合に合わせて日程調整をし、儀式の日取りを決めます。午前中でも午後でも問題ありませんが、人によっては仏滅の日や先勝の日の午後、先負の日の午前は避ける場合もあります。もし自宅が菩提寺から遠い際は、菩提寺に相談のうえ、同じ宗派のお寺に依頼します。また、菩提寺がない場合は、葬儀の際にお世話になった僧侶に依頼するのがおすすめです。なお、一般的には仏壇のある自宅で魂入れを行いますが、難しい場合は菩提寺などで行う方法もあります。その際には菩提寺などの僧侶と相談しましょう。

親族が亡くなった際には、位牌や仏壇を用意し四十九日法要のときに魂入れを行います。仏壇の買い替えや新規購入、また引っ越しや移動、リフォームなどの際は、特に人を招くことはなく家族だけで行うことが一般的です。参列者と僧侶が来たら、僧侶に読経を行ってもらいます。読経後は、参列者が1人ずつ焼香を行います。

相場

菩提寺の僧侶が自宅に来てくれる場合には、お車料も合わせて渡します。お車料は距離にもよりますが5,000円くらいが相場で、遠方の場合は1万円くらいとなります。お布施を入れる袋は白い無地の封筒を使用するのが一般的で、表書きは黒で「御布施」、または「お布施」と書きます。自分の名前と住所、金額は裏側に書きますが、中袋がある場合には中袋の裏側に記載しましょう。

金額は旧字体を使用するのが一般的で、1万円なら「壱萬圓」、5万円なら「伍萬圓」と書きます。なお、御布施は感謝を示すために渡すものとされているため、入れるお札はできるだけ新札を用意しましょう。

魂入れの際の服装は?お供え物など必要?

服装

魂入れ当日は礼服を着るのが一般的で、四十九日法要と併せて行うときには四十九日法要と同じ服装で参列しましょう。仏壇を新調した際、法要とは別に行うのであれば慶事となるため、通常のスーツでも大丈夫です。黒いネクタイを着けなくても問題ありません。

準備するもの・お供え物など

魂入れや開眼供養自体はあくまでもおめでたい意味の仏事であるため、できるだけ豪華にお供えするのが良いとされています。当日に準備しておくべきものは、以下のようなものです。

  • 仏壇ご本尊や位牌などの仏具一式
  • 朱色のロウソク
  • 線香
  • 供花
  • お供え物(赤飯やお膳、お餅、果物など)

赤いろうそくはおめでたい時に使用するため、朱色のロウソクをつかいます。地域や宗派によって習わしは異なるので、菩提寺に確認が必要です。法事と一緒に行う場合は、魂入れの後に法事を行うのが一般的です。朱色のロウソクを使用する際には、魂入れが終わったらお供え物を下げて、白色のロウソクに変える必要があります。

お花は、仏壇の魂入れで飾ることをお花屋さんに伝えれば、それに合ったお花を選んでくれます。

お供え物はロウソク同様におめでたい行事として考えると赤飯、お餅、お膳、果物、お菓子などを用意しますが、ロウソク同様に、法事と一緒に行う際には魂入れが終わった後に、赤飯などおめでたい意味を示すお供え物は下げましょう。

まとめ

仏壇の魂入れのやり方は宗派や地域により異なります。また、あくまで儀式であり、目に見えるものではありません。しかし、魂入れを行っていない位牌や仏壇は単なる物となってしまいますので、魂入れは実施した方が良いです。その際、今回まとめた内容を踏まえ、日頃お参りするためのご仏壇にきちんと「魂を入れる」儀式を行えるよう参考にしてみてください。