【樹木葬】樹木葬にかかる費用|どのくらい安く済むのか?

樹木葬費用の画像

SHARE

Pocket

自然葬のひとつとして注目を集めている樹木葬。本記事では樹木葬の基礎知識や、樹木葬にかかる費用について紹介していきます。

樹木葬とは?

樹木葬とは自然葬のひとつで、墓石の代わりに樹木を墓標とする埋葬方法のことです。日本では1999年にはじめて行われた、比較的新しい供養方法です。

故人1人につき1本の木を植える里山型と、シンボルツリーとなる木の周りに複数の故人を埋葬する都市型の2種類があります。

墓石を立てる場合よりも費用を大きく抑えられることや、自然の中に還りたい、宗教色の少ない葬儀をしたいなどの遺志を叶えられるなどのメリットがあります。

海洋散骨など他の自然葬と比べた際の大きな違いとしては、従来のお墓のように、特定の場所にお参りできる点があげられます。

ただし近年になって普及し始めた供養方法なので、親族や遺族などから反発が起こる可能性があります。樹木葬を希望・検討する場合は、親族間での相談や説明をしっかり行いましょう。

【樹木葬】樹木葬の費用や倍率・流れについて解説!

樹木葬にかかる費用

樹木葬が選ばれる理由として多く挙げられるのが、費用面でのメリット。

従来のように墓石を建てる場合は100万~300万円ほどの費用がかかりますが、樹木葬の場合は5万~80万円ほどと、大幅に安く済ませることができます。

樹木葬の費用相場

里山型の場合

故人1人につき1本の木を植える里山型の樹木葬では、20万~80万円ほどが相場となっています。さらに管理費として年間8000~2万円程度が必要となります。また里山型であっても、弔い上げとなる33回忌を過ぎると合祀されるのが一般的です。

都市型の場合

複数の故人を同じ木の周りに埋葬する都市型の樹木葬は、さらに2種類に大別することができます。ひとつは家族単位で同じ樹の下に埋葬する集合型と、もうひとつはよその家の方と一緒に埋葬する合祀型になります。

集合型であれば、相場は15万~60万円ほどに加え、年間8000~2万円程度の管理費。合祀型の場合は5万~20万円ほどが相場で、管理費などはかからないことが一般的です。

永代供養との比較

費用面で樹木葬とよく比較されるのが、永代供養です。永代供養では複数の故人を、永代供養墓と呼ばれる同じ墓標に埋葬するため、こちらも墓石を新たに購入するよりも費用がかからずに済みます。永代供養の費用としては10万~30万程度で、都市型の樹木葬と同じぐらいの相場であるといえます。

まとめ

樹木葬とは

・墓石の代わりに樹木を墓標とする埋葬方法

・里山型と都市型の2種類がある

樹木葬の費用相場

・里山型の場合は20万~80万円ほど

・都市型の場合は5万~60万円ほど