【無宗派の仏壇】基礎知識・飾り方・注意点について解説

無宗教

SHARE

Pocket

日本には数多くの宗教があります。その中で、無宗派(むしゅうは)の仏壇はどのようなものを用意すれば良いのか、また無宗派の仏壇の飾り方や注意点などを紹介します。

無宗派の仏壇の基礎知識

無宗派とは、宗派に属さないことを指します。このスタイルは、最近のご家庭で増えてきています。

無宗派のご本尊について

無宗派にはご本尊がありません。

無宗派でも仏壇にご本尊様を飾りたいという方は、基本的な仏教の教えである釈迦如来を祭るのが良いでしょう。特に指定はないので、好きな開祖を祀ってもかまいません。

無宗派の日常礼拝の仕方

日常礼拝についても、特に決まりはありません。仏壇を持つ場合も、宗派のルールがないため自由に礼拝をして構いません
もし礼拝の仕方が定まらず悩んでいる方がいらっしゃいましたら、各宗派の礼拝の仕方を参考にしてみるのもいいでしょう。

無宗派の仏壇の飾り方

無宗派で仏壇を飾る場合も、特に決まりはないので配置や種類は自由です。ライフスタイルにあわせて、ご家族にあったお仏壇をお選びください。

飾り方に関しても自由であるため、他の宗派の飾り方などを参考にしてみると良いでしょう。

無宗派で仏壇を持たない場合

無宗派の場合、仏壇を持たない方が多くいらっしゃいます。仏壇を持たない場合、どのような形で供養をすれば良いのか、説明していきます。

ミニ仏壇について

ミニ仏壇とは、省スペースであることが特徴の簡易的な仏壇です。

おしゃれなデザインのものが多くインテリアにも馴染むため、仏間のないマンション住まいの方などに人気があります。種類が多様であるため、置く環境や用途によって最適なものを選ぶことができます。

海洋散骨や樹木葬について

海洋散骨や樹木葬は、近年注目されている自然葬の代表的な方法です。

海洋散骨とは海に遺骨を撒く供養の仕方で、樹木葬は墓石の代わりに樹木の下に遺骨を埋葬する方法です。もちろんですが、散骨・埋葬した遺骨は戻ってきません。

そのため海洋散骨や樹木葬の場合は遺骨を手元に少し残しておき、手元供養の形をとることをおすすめします。

海洋散骨や樹木葬について以下の記事で詳しく紹介していますので、是非こちらもチェックしてみてください。

【海洋散骨】流れ・費用・メリット・デメリットを解説!

【自然葬】基礎知識・種類・費用について解説

納骨位牌について

手元供養の新しい形として注目されているのが、納骨位牌です。

骨壷と位牌が一体化したもので、少ないスペースで供養できます。単体で使っても良いですし、ミニ仏壇や自然葬とあわせて使うこともおすすめです。

無宗派のお供え物とは

お供え物に関しても、特に決まりはありません。必ずしも食べ物ではないといけないといった決まりもないため、故人の趣向に合うものをお供えする方が多いです。

例えば、故人が生前煙草を吸っていた場合は同じ銘柄の煙草をお供えする、好きな漫画や小説があればその本を一緒に飾るなど、多種多様です。

無宗派の注意点

注意点は特にありませんが、宗派の決まりがなく自由度が高い分家族でよく話し合うことが大切です。

一人で勝手に決めて進めてしまうとトラブルのもとになるため、気をつけましょう。

まとめ

無宗派の仏壇について詳しく説明をしました。一般的には仏壇を持つことは少ないです。特段これといった決まりもないため、故人やご家族が望む供養の形をとることができます。

現代社会においては無宗派の考えを持つ方が多くなってきていますので、必ずしも宗派に属さないといけないといった考えは持たなくてもいいでしょう。