【浄土宗の仏壇】基礎知識・飾り方・注意点について解説

仏壇 浄土宗 基本

SHARE

Pocket

日本には数多くの宗教があります。その中で、浄土宗(じょうどしゅう)の仏壇についての基礎知識や、仏壇の飾り方・注意点などを紹介します。

浄土宗の仏壇の基礎知識

浄土宗とはどんな仏教なのか、お参りの仕方も含めて紹介します。

浄土宗のご本尊について

浄土宗のご本尊は阿弥陀如来です。中央に阿弥陀如来、右側が観音菩薩、左側が勢至菩薩の順でお掛けしましょう。左右の観音菩薩や勢至菩薩は阿弥陀如来の働きを助ける分身という考えです。

浄土宗の日常礼拝の仕方

お参りの手順は以下の通りです。

  1. 仏壇の掃除をする
  2. 灯明をともして線香や仏飯・茶湯をお供えする
  3. 線香は1本、または3本供える
  4. おりんを鳴らし、姿勢を正し合掌礼拝をする
  5. お念仏(南無阿弥陀仏)を唱える
  6. 菓子折りなどの頂き物をしたら、必ず仏壇にお供えをする
  7. 就寝前に合掌礼拝をする
  8. 火元を確認の上、扉を閉じる

浄土宗の仏壇の飾り方やお供え物

浄土宗の仏壇はどのように飾るのでしょうか。仏壇には床置きと上置きが存在するので、必ず仏壇の飾り方を確認しましょう。飾り方については、お住まいの地域や寺院によって異なる為、ご住職様に相談することをお勧めします。
ここでは、基本的な床置きの唐木仏壇に仏具を配置した場合を紹介します。

唐木仏壇の飾り方

最上段には、中央にご本尊様、左に法然上人、右に善導大師をお祀りし、天井に留め具を付けて灯籠と瓔珞・珱珞を取り付けます。位牌をご本尊様が隠れないように、1段低い位置に安置しましょう。
次の段には、お供えの為の仏販器と湯茶器を置き、両脇に金蓮華を置きます。
最下段には中央に霊供膳を置き、その両脇に高坏を設置します。
経机には、三具足と過去帳を置き、下にりんと木魚を置きます。もし、経机がない場合は仏壇に備え付けられている仏具板の上にこれらを置きましょう。

仏壇のお供え物

5つのお供え物が基本です。
線香・灯明・お水・お花・飲食(お霊膳、果物、お菓子、嗜好品等)となります。ご飯以外もですが、皆さんが召し上がる食事をお供えしてください。お供えしたものは無駄にせずに、分け合って皆さんで食べましょう。菓子折りなど頂いたものは、必ず一度仏壇にお供えしてから頂くようにしましょう。

浄土宗の仏壇の注意点

浄土宗は他の宗派と比べ寛大な考え方をもっています。仏壇についても最近人気になってきているミニ仏壇を利用することも可能です。しかし、1つだけ注意点があります。浄土宗は基本時に、金仏壇を使用することが多いです。浄土宗で金仏壇を使用する場合は、浄土真宗の金仏壇を使用するのが一般的です。

まとめ

浄土宗の仏壇について詳しく説明をしました。一般的に金仏壇を使用することが多い宗派ですが、お仏壇を買う時は一度菩提寺に相談することをおすすめします。
また、必ず他人から頂いた飲食については一度お供えをしてから頂くようにしましょう。