【墓】移動・移転する場合の流れと費用

墓 移動

SHARE

Pocket

お墓を移動または移転をする場合、どのような手続きや費用が必要になるのかご不安な方が多いと思われます。この記事では、お墓の移動や移転する場合の流れについてご紹介をします。

お墓を移動または改葬をする場合の流れ

遺族のご事情や引っ越しに伴い、お墓も移動したいという場合にどのような流れなのかご紹介します。

改葬とは

改葬とは、お墓を移動することを言います。墓じまいと認識している方が多いようですが、遺骨も含めたお墓を別の場所に移動する事ですので気を付けましょう。

改葬の流れ

墓じまいと改葬をする場合に必要な手続きと流れを紹介します。

親戚・菩提寺などに相談をする

遺族が独り身の場合は、菩提寺などに相談しましょう。一旦は親戚や菩提寺に相談し、手続きをするようにします。別の場所に改葬する場合は、檀家をやめるなどいくつか問題が発生する可能性がありますので、親戚・菩提寺含め十分に相談をすることをおすすめします。

改葬先を決める

改葬先を決めましょう。霊園などが決まりましたら、改葬先の霊園・寺院の管理事務所などから永代使用許可証または墓地使用許可証(受入許可証)を発行してもらいましょう。

証明書・申請書の発行

寺院・民営霊園から改葬をする場合は、移転元の寺院・霊園から埋蔵証明書を発行してもらいましょう。

公営霊園から改葬をする場合は、移転元の役場から改葬許可申請書を発行してもらいます。

役場への手続き

埋蔵証明書または改葬許可申請書を移転元の役場に提出し、改葬許可申請書を交付してもらいます。約1週間ほどで発行してもらえます。

改葬許可書の交付後

改葬許可書を交付されてから遺骨を取り出しましょう。改葬許可書を改葬先の管理事務所に提出し、遺骨を埋葬して改葬が完了となります。

お墓を移動または改葬をする場合にかかる費用

お墓の移動にかかる費用はお墓の種類やサイズ、そして墓石によって変わっていきます。

あくまで参考程度の金額としてご紹介をさせて頂きますが、移動や移転を検討されている方は事前に専門店にご相談ください。

処分と解体の費用

墓石をそのまま使う場合で、改葬する新規墓所に移転する場合は、処分費用は不要になります。しかし墓石を運搬する費用は必要になりますが、距離によって値段が変わる為改葬先の墓所は費用を抑える点で言えば、なるべく遠くは避けたほうが無難です。

処分と解体の費用としては約10万円~30万円となります。

永代使用料と管理費

改葬先の霊園によって値段が変わりますが、おおよそ永代使用料は年間20万~200万となります。管理費も霊園によって変わりますが、年間1万円未満となります。

新規墓石の建立

墓じまいをした場合、墓石を解体した後に処分し、改葬先の霊園で新しく墓石を購入、建立する必要があります。その場合の費用としては約100万円~150万円ほどかかります。

お布施

墓じまいをした場合に、お寺の閉眼供養という魂抜きが必要となります。僧侶にお布施として1万円~3万円ほど包みます。同様に改葬先にも閉眼供養の魂入れが必要となり、同様に1万円から3万円ほど僧侶にお布施として包みます。

まとめ

いかがでしょうか。改葬する場合は決して安くない費用がかかることを理解していただけたかと思います。手続きについてはそこまで難しくはありませんが、改装する場合は必ず親戚や菩提寺に相談して意味のある改葬をしましょう。