【通夜】仏滅にあたる場合は避けるべき?

SHARE

Pocket

通夜を行うにあたって、暦を気にする方は少なくないのではないでしょうか。特に、「仏滅」や「友引」「大安」などの日程は避けるべきと考える人もおり、それに合わせて日程を決めようとしている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、そのような暦は、通夜を行う日として避けるべきなのでしょうか?そこで今回は、仏滅の日は通夜を避けるべきなのかをまとめてみました。
言葉の意味について知っておかないと、いざというときに家族・親族内で揉めてしまうこともあるかもしれません。万が一のときに困らないよう、ぜひ目を通してみてください。

カレンダーに書いてある仏滅とは

カレンダーなどに記載されている仏滅は、六曜のひとつ。六曜とは、暦に記載される日時・方角の吉凶、その日の運勢などを表す暦注と呼ばれるもので、14世紀ごろに中国から伝えられたと言われています。
六曜には、仏滅以外に大安、先勝、友引、先負、赤口があり、それぞれに意味があります。仏滅は、この6つの中でも大凶日と言われており、結納や結婚式などの慶事は避けられる傾向にあります。

仏滅に通夜・葬儀をしてもいい?

仏滅は、「仏も滅するほど、万事において不吉な日」とされている日です。そのため、結婚式などの慶事は避けるべきだとされています。しかし、通夜や葬儀は慶事ではないため、特に問題はありません
また、仏滅をはじめとした「六曜」は本来、仏教とは関係ないため、六曜そのものを気にする必要はないともされています。ただし、一部の地域やご高齢の方は、仏滅に通夜や葬儀を行うことは不吉だと考えていることもあります。その場合は、葬儀会社などとも相談しながら決めると良いでしょう。

友引・大安に通夜をしてもいい?

六曜のひとつである「友引」は、その名の通り「友を引く」という意味があると考えられています。そのため、縁起が悪いということで、葬儀などの弔事は避けられる傾向にあります
また、「大安」は六曜の中でも大吉とされる日で、結婚式などに良い日とされています。どちらも、通夜や葬儀には向かないと考えられることが多いようです。
しかし、どちらも本来は仏教とは無関係です。また、友引はもともと「共引」と書き、引け分けの日・すべてにおいて決着がつかない日とされており、現在の意味とは異なります。
そのため、友引や大安の日に通夜をして問題ありません。意味が気にならないのであれば、特に避ける必要はないでしょう。とはいえ、友引に関しては気にする方も多くいます。家族や親族などが気にするようであれば、葬儀会社などとも相談しながら、日程を決めるようにした方が良いでしょう。

【通夜】友引にあたる場合は避けるべき?

【通夜】大安にあたる場合は避けるべき?

友引・大安に葬儀・告別式をしてもいい?

これまでにご説明したように、友引や大安などの六曜は仏教とは関係がありません。そのため、友引や大安の意味を気にしなければ、葬儀や告別式を行っても良いのです。
ただし、友引に関しては、やはり縁起が良くないと考える人が多く、葬儀の日としては避けられがちです。そのため、友引の日は火葬場が定休日となっていることも珍しくありません。その場合は、遺族が気にするかどうかに限らず、葬儀・告別式の日程をずらす必要があります。

以下の記事で六曜と葬儀の日程の関連性について詳細に説明しています。

【葬儀】友引の日に葬儀をしてもいい?

【葬儀】仏滅の日に葬儀をしてもいい?

【葬儀】大安の日に葬儀をしてもいい?

まとめ

通夜や葬儀を行う日程を決める際、仏滅や友引などの暦は気にする方もいると思います。そもそも六曜は、仏教とは関係がないので深く気にする必要はありません。
しかし、友引に関しては火葬場が休みの場合もありますので、通夜・葬儀の日程を決める際は、暦だけでなく営業日も考慮するようにしましょう。

【葬儀】友引の日に葬儀をしてもいい?