【真言宗】葬儀の流れ、マナーや作法、お布施の相場について解説

お葬式

SHARE

Pocket

数多くの宗派が存在する日本の仏教ですが、その宗派ごとに葬儀の流れやマナーが異なります。仏教の宗派の一つである真言宗にも独自の葬儀方法が存在します。実家の宗派は真言宗だが、葬儀について何も知らないという人は、実際に葬儀を執り行うときが来る前に知っておく必要があります。自身が葬儀を手配し営むときに慌てないよう、今回の記事を参考に真言宗の葬儀について学んでおきましょう。今回は真言宗の葬儀の流れやマナー、礼儀作法、お布施の相場などについてご紹介します。

真言宗の葬儀とは?

平安時代、空海によって開かれた真言宗は密教と呼ばれています。密教では誰にでも教えを説くのではなく、修行の末に教えを授かることができるようになっています。その名の通り、密教は秘密とされている教義や儀礼のことを指します。修行しなければ教えを得ることができないのが特徴です。

密教である真言宗は、葬儀において他の宗派と異なる特徴がいくつかあります。真言宗の葬儀の特徴として挙げられるのは以下のものです。

・灌頂(かんじょう)
・土砂加持(どしゃかじ)

故人の頭に水をかける灌頂という儀式は、故人が無事に成仏できることを願って行われます。仏教では菩薩が悟りを開いて仏になったときに、頭に水をかけることで仏の位になったことを証明します。元来インドで行われていたこの儀式は、王の位に即したときなどに由来しているとされています。

土砂加持では、この世で身についた穢れとされる、悪心や習慣を落とし、故人が無事に浄土へ上がれるようにするための儀式を行います。洗い清めた土砂をご遺体にかけて納棺するのがこの儀式の特徴です。この際に唱える真言宗のお経は「光明真言(こうみょうしんごん)」といわれており、災いを取り除く強大なパワーをもったお経だとされています。

真言宗の葬儀の流れ

真言宗の葬儀の流れは仏式葬儀とそう大きく変わりませんが、その中には真言宗独自の儀式やマナーが存在します。ここではご臨終から火葬まで、葬儀の流れについて詳しくご説明していきます。

臨終

臨終の際には故人に対して「枕経」を唱えます。古くは危篤状態の方に安心して眠ってもらえるよう唱えるのが枕経でしたが、今では密教の尊格である不動明王に故人を見守りいただくために読経を行うようになりました。

真言宗では、故人がきちんと成仏できるよう「般若理趣経(はんにゃりしゅきょう)」を読誦。「慈救の呪(じくのしゅう)」を唱えて悪魔を祓います。次に阿弥陀如来の「陀羅尼(だらに)」、「光明真言」、「御宝号(ごほうごう)」を唱えます。

故人には清浄な衣服を着せます。左手には数珠を持たせ、合唱の体勢をとらせます。

納棺

遺体を安置し、枕勤めをしてもらったら、次は遺体を棺に納めます。納棺の前には適温にした水で故人を拭いてあげる、湯灌(ゆかん)でご遺体を清めます。

納棺の際には「土砂加持」が行われます。土砂加持では洗い清めた砂をご遺体と一緒に棺に入れます。土砂加持で用いられる砂は、ご遺体にかけると体が柔らかくなり、お墓にかけると故人の罪や過ちが消えるとされています。

滅罪生善(めつざいしょうぜん)といわれるこのような行為は、故人の罪を清め、極楽浄土へ送り出すための儀式とされています。

通夜

真言宗の通夜はほとんどの仏式葬儀と同じく、仏間か広間で行われます。ご遺体には死に装束を施し、北枕にして寝かせてあげます。死に装束は清浄な衣服を用意します。お顔には白布をかけ、胸の上で手を組んで数珠を左手に持たせます。胸元には守り刀を置き、刃先は足の方を向くようにします。

枕飾りには

  • 線香
  • 蝋燭台
  • 枕飯
  • 枕団子

上記のものを白布がかけられた小さな机に並べておきます。仏花にはシキミや白い花を一輪選びましょう。枕経として理趣経や慈救の呪、光明真言、御宝号を唱え、僧侶による通夜法話を聞かせていただきます。通夜振る舞いや焼香なども通夜の間に行われます。ろうそくと線香は一本ずつ、常に火が点いた状態で置いておきましょう。これは故人が仏様の元に無事に辿り着くための道標のような役割を果たします。

葬儀

僧侶や会葬者の方々をお迎えしたら、先ずは僧侶が葬儀を進めるための準備を行います。その中で行われる塗香(ずこう)や三密観(さんみつかん)、護身法(ごしんぼう)、加持香水(かじこうすい)の法といったものは、葬儀を進めるにあたってご遺体を清めたり、心身を整えたりするための儀式です。

次に三礼(さんらい)、表白(ひょうびゃく)、神分(じんぶん)、声明(しょうみょう)で、仏様や仏教をたたえ、感謝の意を示します。真言宗の葬儀では剃髪や授戒という儀式があるのも特徴です。故人の頭を剃り、授戒名を授けることで、故人が仏の道に進むことを誓います。現在では実際に剃髪を行うことは少ないようです。引導の儀礼として、再び表白や神分が行われます。ここでは不動潅頂の印明、弥勒三種の印明、如来の五智を表す「五鈷杵(ごこしょ)」などを授けて故人の「即身成仏」を果たします。

故人が生前に積んだ徳をたたえる、諷誦文(ふじゅもん)が唱えられている間に焼香を行います。最後に、故人を浄土へ送るため、導師最極秘印(どうしさいごくひいん)を結び、指を三回鳴らして閉会となります。

出棺

釘打ちをする前に、故人と最期のお別れをします。ご遺族や親族の方から順番にお別れの言葉やお花を故人に捧げましょう。出棺の際に気をつけなければいけない礼儀作法や行うことは、真言宗の葬儀では特に決まりがないので、その土地やお寺の作法に従ってください。

火葬

火葬場では、下記のことを行います。

  • 読経
  • 焼香
  • 荼毘(だび)

読経では舎利礼、光明真言を唱えます。荼毘とは故人の火葬を意味します。拾骨には長い竹箸を使用します。順にお骨を箸渡しして拾骨します。

真言宗の葬儀のマナー、作法

葬儀のマナーや礼儀作法は宗派によって大きな違いが見られます。それらを知らないで行動してしまうと、故人や葬儀に来てくださった方々の失礼に当たることもありますので、事前にしっかりと確認する必要があります。

香典のマナー

香典のマナーは宗教や宗派によって異なります。真言宗では表書きは「御霊前」「御香料」と記入します。葬儀の際には「御仏前」と記入してはいけません。四十九日が過ぎると「御仏前」「御香典」と記入します。

香典に使用する水引は、藍色や黄色、黒色など弔事に即した色を選ぶようにしましょう。香典袋は、黄色白や黒白、双銀などが一般的に用いられています。

お包みする金額は故人との関係性などによりますが、友人・知人や会社の関係者などは5千円程度。身内の方ですと、1万円〜10万円程度となります。

数珠の作法

宗派によって数珠の形状も異なる場合があります。参列者であれば本式数珠をわざわざ用意する必要はありませんが、ご遺族の方はなるべく本式数珠を用意しておくのが好ましいでしょう。

真言宗の数珠は、主玉が108個ある二重タイプの数珠となっています。振分(ふりわけ)数珠とも呼ばれ、2個ある親玉から数えて7つ目と21個目に四天玉があるのが特徴です。

数珠を使用する際には右手の中指と左手の人差し指に数珠をかけ、そのまま手を合わせます。数珠をすり慣らし音をたてるのが、真言宗ならではの特徴です。数珠をすることで108個ある煩悩を砕くとされています。真言宗は密教なので、それぞれの流派や教えを授ける人によって使い方が異なる場合もあります。事前に確認をして、葬儀では流派や教えに沿った使い方をするようにしてください。

焼香の作法

焼香の作法も宗派によって違いがあります。ここでは真言宗の焼香の作法をご説明するので、葬儀の際に戸惑わずに済むよう、しっかりと覚えておきましょう。

・線香
・抹香

焼香の作法は上記2種類に分けられます。

線香の場合

線香は原則、一度に3本を使用します。線香を立てる場合、3本を右手で取り火を点けます。正三角形をイメージして、一本は奥、左手前と右手前にも一本ずつ線香を置きます。

抹香の場合

真言宗の抹香の回数は3回です。お香を三本の指でつまみ、額までおしいただきます。香炉の前では一礼してから抹香を行いましょう。最後に合掌をしてから席に戻ります。

それぞれの方法は数珠の使い方と同様、流派や教えによって異なる場合があります。礼儀作法を重んじることはもちろん大切ですが、その場に合った方法で行うことと、故人に対して心を込めて冥福をお祈りすること。この二つを忘れずにいることも大切です。

真言宗葬儀のお布施の相場

お布施の相場は目安というものがつけにくいですが、通夜から初七日を含めた一連の葬儀ではおよそ10万円〜30万円がかかると考えられます。もちろん葬儀を行う地域、お寺や葬家の格によっても異なりますので、事前に確認するようにしてください。

お布施とは別に真言宗の葬儀では戒名料が必要になります。授かる戒名の位によっては高くて数百万円にのぼりますが、特に指定がなければ30万円程度と考えましょう。戒名の位については、家族や親族間で同様の位を授けるのがいいとされています。

僧侶を自宅や葬儀会場へ招く場合には「お車代」として5千円を支払います。他にも、会食を僧侶が辞退した場合には「御膳料」として5千円、四十九日法要や納骨式では5万円程度、白封筒に入れて別々に用意しておく必要があります。

まとめ

真言宗の葬儀では、灌頂や土砂加持という特徴的な儀式が行われます。葬儀の流れ自体は一般的な仏式葬儀と大きな違いはありませんが、読経や葬儀内容に、密教ならではの特徴が散りばめられています。この世の穢れを落とし、仏の道に入ることで故人が密厳浄土へ上がれるよう、心を込めて見送りましょう。

臨終の際には枕経を行い、納棺時には土砂加持を行います。通夜や葬儀の流れは葬儀の形態や地域、お世話になっているお寺などによって異なります。今回ご紹介した流れは一例として見て、大まかな流れを理解してください。

香典のマナーとして、表書きは「御霊前」「御香料」としましょう。お包みする金額には幅があるので、どのくらい包めばいいかわからないという人は事前に周りの人に相談してみるといいでしょう。数珠の形も宗派によって異なるので、真言宗の葬儀に合ったものを選ぶようにしてください。

線香は一度に三本、抹香も三回行います。額までしっかりおしいただき、故人の冥福を祈りましょう。葬儀の流れだけでなく、マナーや礼儀作法もその場その場によって異なる場合があるので、事前に葬儀社や檀家さんなどと打ち合わせをすることをお勧めします。