【遺品整理】費用相場について徹底解説

遺品整理

SHARE

Pocket

故人が残した遺品を整理することは、残された家族にとってとても大変な作業ですよね。最近では、遺品整理の代行業者も増えています。業者依頼する際に気になるのは費用です。この記事では、遺品整理の費用相場についてまとめます。

業者による遺品整理の費用相場

遺品整理とは、故人が使用していた品々を丁寧に整理することで、遺品整理サービスとは、専門の会社がその作業を代行するサービスのことを指します。明確にどこまで何をする、と決められていないため、業者ごとにサービスの内容や料金が異なります。

一般的な遺品整理のサービスでは、まず遺品として残しておくもの、供養するもの、処分するものに分類し、それぞれ処理していきます。遺品整理後の部屋の掃除も、サービス内容に含まれている場合もあります。このほか、別途料金がかかるサービスとして、遺品供養の料金や、遺品を買い取る場合の手数料、リサイクル家電の買取サービスなどもあります。
どこまでがサービスに含まれる料金で、どこからが追加の料金がかかるサービスなのか、しっかりとサービス内容を確認しておきましょう。
遺品整理の料金は、一般的に部屋の広さによって変動します。
例えば費用相場は、下記の通りです。

  • 1R・1Kの場合、3~8万円(作業人数1~2名/作業時間1~3時間)
  • 1LDKの場合、7~20万円(作業人数2~4名/作業時間2~6時間)
  • 2LDKの場合、12万円~30万円(作業人数3~6名/作業時間3~8時間)
  • 4LDK以上の場合、22万円~60万円(作業人数4~10名/作業時間6~15時間)
このように料金の相場に結構幅がありますが、これは処分する家財の量や種類によって料金が変動するためです。家財の量によって、作業する人数も作業する時間も変わってきます。あくまで目安として、最低でもこれくらいはかかると考えておけばよいでしょう。
正確に遺品整理の料金を知りたい場合は、遺品整理をしてほしいお宅を直接業者に訪問していただき、訪問見積りを取るのがおすすめです。

業者によっては、部屋の広さではなく、家具などの遺品の個数や重さで料金を決定している業者もあるそうです。遺品が少ない場合は、部屋の広さに対して割高な料金になってしまうので、部屋の広さではなく遺品の個数などで料金を決定する業者を検討するのもひとつの手段です。

一軒家の場合は?

一軒家に住んでいた人が亡くなった場合、ワンルームなどに比べ、一般的に遺品の量は多くなります。そのため作業する人数や作業時間も多くなり、料金相場は15万円~70万円と高額です。
家財が大量にあったり、大型家具が多数あって運搬が必要になったりすると、さらに追加料金の対象となる可能性もあります。
料金は事前に数社見積りを取って確認するようにし、サービス内容についても確認してから依頼しましょう。

自分で遺品整理をする場合の費用相場

自分で遺品整理をする場合は、かかる経費は不用品の処理のための費用だけなので、業者に依頼する場合に比べ、安い費用で行うことができます。不用品の処理のための費用は、そのお宅の家財や電化製品等の数によります。
気をつけるべき点は、自分で遺品整理をするということは故人との思い出を振り返ることになるという点です。時間がかかる上に、一つ一つ思い出を振り返り結局なにも捨てられない可能性があるため注意が必要です。

遺品整理のリサイクル品相場

遺品とひとことに言っても、生活用品から家電製品、家具、腕時計や指輪などの身につけるものなど、さまざまなものがあります。遺品は言ってみれば宝の山でもあるのです。
遺品整理にあたり業者に依頼する場合、先述のとおり、ある程度の金銭的負担は覚悟しなければなりません。売れる遺品をなるべく売って現金に換えることで、遺品整理の代金を少しでも相殺できればありがたいですよね。
実際、どのような遺品が比較的高額で買い取ってもらえるものなのかというと、やはり宝飾品や骨董品、美術品は買い取ってもらえそうです。これらは専門の買取業者に見せて、鑑定・査定してもらうようにしましょう。

また、それまで気付かなかったけれど実はブランド家具やデザイナーズ家具があった、ということもあります。家具の状態によりますが、相応の金額で買い取ってもらうことができるかもしれません。大きな家具は、ただでさえ粗大ごみとして処分すると処分費がかかってしまうので、仮に高額の買取にならなかったとしても、引き取ってもらったほうが処分費もかからずありがたいでしょう。

家電や電気製品など、ほとんどの家電は売却することができます。スマートフォンなどは新しい機種の方が高く買い取ってもらえる可能性が高いので、遺品整理を始めたらできるだけ早めに査定に出しましょう。

まとめ

家族が亡くなったとき、葬儀等はもちろんですが、それ以上に大変なのが遺品整理です。
どれくらいの費用がかかるのか、遺品整理してほしい家・部屋はどれくらいの広さなのか、大体の費用を知っておき、財産を遺品整理のために取っておくなど、金銭面での準備を整えておきましょう。